So-net無料ブログ作成
江角マキコ ブログトップ
前の1件 | -

江角マキコさん落書きスキャンダル Part2 [江角マキコ]

今回は、かなり早めの更新です。前回、かなり厳しい結果が出てしまった江角さん、果たして最後の1枚はどんなカードなのでしょう。

まずは、おさらいです。前回のカードはこちらの3枚。

テーマ     ⅩⅢ 死神         大  (逆)      
アドバイス  カップのキング       小   (逆)   
答え       Ⅴ  法王         大  (逆)


このうちの2枚目までの解釈は、江角さんは、今後も不誠実な態度を取り続ける、その結果、1からの出直しをせまられる。

というものでした。

それでは、最後のカードを見ていきましょう。最後のカードは、

Ⅴ  法王         大  (逆)

このカード、基本的な意味は、

慈愛に満ち、誰にも分け隔てなく愛情を降り注ぐ寛容さを持った人物 というものです。

しかし、またしても「逆位置」ですので、意味は反転し、

自分しか考えない視野と心の狭さ

という解釈になります。またカードは、そのような人物が現れることも表しますが、これも反転しますので、

寛容な心を持つ人物からの援助は得られない

とも解釈できます。


ということで、全てをまとめると、

江角さんは、今後も不誠実な態度を取り続ける。それは、自分しか考えない視野と心の狭さによるものであり、その結果、1からの出直しをせまられる。また、現状を変えるための援助も得られないだろう。

キツイですねえ~。でも仕方ありません。現に江角さんは、芸能人の常識であるところの、記者会見を開いていません。本人には理由があるのでしょうが、それでは、世間には怪しまれるばかりです。

でも、できないのでしょう。それが自分しか考えない視野と心の狭さなのでしょうか。

答えは、いつか本人の口から出てくることを祈ります。

今後も、江角さんは追跡していく予定です。


以上、江角マキコさんの回でした。



※今回のように「全て逆位置」の場合は、カードを「全て正位置」で解釈するという考えかたもありますが、そうすると、「死神」のカードが「ものごとの終わり」となってしまいますので、それよりは、「1からのやり直し」のほうが、まだ軽い気がしましたし、またその他のカードも現状に即していましたので、「全て逆位置」で解釈しました。




次回は、もうすぐ裁判の始まる栩内香澄美被告、または最近破局した竹田恒泰さん、あるいは、やはり懐かしの佐村河内守さんあたりを予定しています。
nice!(134)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前の1件 | - 江角マキコ ブログトップ